歯周病と糖尿病の関連性とメカニズムとは?

私の周りにも、歯周病を放置していて歯を失った人は多いです。

 

しかし、歯周病の本当の怖さは命に関わるような全身疾患の引き金になることです。

 

この事について、本当に理解している人がどのぐらいいるでしょうか。

 

だったら、歯周病とどのような全身疾患が関連性があるかというと、

糖尿病、動脈硬化による心筋梗塞や脳梗塞、誤嚥性肺炎、早産、低体重児出産、

骨粗鬆症、メタボリックシンドロームなどです。

 

だから、歯周病を早めにケアすることが必要なのです。

 

これに関して解説していきます。

 

歯周病と糖尿病のメカニズム

 

%e6%ad%af%e5%91%a8%e7%97%85-%e3%82%b1%e3%82%a2

 

糖尿病と歯周病は負の相関関係にあるって本当?

 

歯周病と特に関連が深い全身疾患は糖尿病です。

 

なぜ関連が深いかというと理由は2つあります。

 

ひとつは、糖尿病の人は健康な人と比べ2倍以上も歯周病に感染しやすく、

悪くもなりやすいという点です。

逆にもうひとつは、歯周病に感染していると血糖値を低下させにくくなり、

糖尿病の症状を酷くさせてしまうという点です。

 

つまり、糖尿病と歯周病はお互いに足を引っ張り合う関係にあるのです。

 

歯周病 糖尿病 メカニズム

 

糖尿病は血糖値が異常に高くなる病気なので、症状が悪化すると血管障害を起こし、

肝不全や網膜障害や神経障害などの合併症を起こしますが、血管障害は歯周組織にも起こり、

歯肉の毛細血管が破れやすくなり炎症を悪くさせます。

 

また、糖尿病になると体全体の免疫力が低下するので、歯周病菌の繁殖を

止める事が出来ないばかりか、唾液の分泌量も減るので口腔内の自浄作用も弱くなり、

歯周病を悪くさせます。

 

一方で、糖尿病になると、血糖値が下がらなくなるのは、インスリンという

すい臓から分泌されるホルモンの量が減るためなので、インスリン注射を打って

血糖値を上げることで治療します。

 

しかし、歯周病に感染していると歯周病菌が作り出す炎症性サイトカインが、

歯肉の毛細血管から血液中に流れ込むと、インスリンの活動を邪魔するので、

治療しても歯周病が酷くなる可能性があります。

 

なので、糖尿病を改善したいと思えば、徹底した歯周病の治療やケアが重要なのです。

 

歯周病菌が全身へ運ばれ動脈硬化の引き金になる怖さとは?

 

動脈硬化とは、動脈の内壁に悪玉コレステロールや中性脂肪などがたまり、

血管が硬くなり血管壁が厚くなった状態をいいます。

 

そして、動脈硬化の主要な危険因子として思いつくものとして、老化の他、

高血圧や高脂血症や糖尿病や喫煙や肥満、そして歯周病です。

 

以前は、悪玉コレステロールや中性脂肪が、動脈硬化の原因とされていたのですが、

近年では、歯周病菌も深く関わっているということがわかってきました。

 

また、歯周病菌が冠状動脈に侵入すると、動脈硬化を起こし血栓ができやすくなり、

血管が詰まったり、血管が破れるなどして狭心症や心筋梗塞などの疾患につながります。

 

その他の心疾患では、歯周病菌が心臓内部の弁や心内膜に感染すると、

細菌性心内膜炎を発症し、これは敗血症などの原因となるので命にも関わります。

 

また、歯周病菌が脳の血管に侵入し、動脈硬化を起こし血栓ができると、

脳梗塞や脳出血という疾患につながります。

 

脳梗塞は、脳の血管で血栓が出来ることで発症し、脳出血は、動脈硬化によって

血管が破れて出血する疾患なのですが、生活習慣の改善で予防が可能であり、

歯周病のケアもそのひとつです。

 

ちなみに、歯周病予防は、歯茎のマッサージは基本です。

 

なので、これから紹介する効果的に歯茎をマッサージできる世界初のローラー型歯ブラシは、

歯を磨くのにも使えるので一本持っておくと重宝します。

 

そう考えると早めのお手入れをこのころころ歯ブラシでしておいた方がいいでしょう。

ころころ歯ブラシのレビュー

 

また、ころころ歯ブラシを使っている7割の人がこの薬用なたまめ柿渋歯磨きを

使っているということなので、歯周病で悩んでいる方などは、

併用して使うとかなり効果的だと思います。

 

この薬用なたまめ柿渋歯磨きは、薬用歯磨きにはよく使われている

有効成分であるグリチルリチン酸ジカリウムの他にサポート成分として、

なた豆、柿渋、サンゴや貝殻などが使われており歯周病を予防します。

薬用なたまめ柿渋歯磨きのレビュー

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ