塩歯磨きは歯周病予防に効果があるというのは本当か?

塩で歯を磨く方法があるというのを、聞いた人も

おられるかと思います。

 

実際に、塩を使って歯を磨いたり、歯茎のマッサージやうがいに

使ったりしている人もいるそうです。

 

だったら、塩を使った歯磨きにはどのような効果があるのでしょうか。

これらのことについて解説していきます。

 

塩歯磨きは歯周病予防に効果

 

%e5%a1%a9%e6%ad%af%e7%a3%a8%e3%81%8d-%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88_r

 

塩歯磨きは歯周病予防にどのような効果があるのか?

 

9割の口臭が口の中が原因で起こっていると言われていますが、

その中でも代表的なのが歯周病です。

 

歯周病は、歯と歯茎の境目に歯垢や歯石がたまることで、歯周ポケットと呼ばれる

溝が出来て、歯周病菌がその中で増殖を繰り返し炎症が進んでいきます。

 

また、塩には歯茎の引き締め効果があるので、歯周病で出来た

歯周ポケットという隙間をなくしてくれるのです。

 

歯周病予防のために、歯茎はマッサージした方が良いと言いますが、

塩歯磨きで歯茎をマッサージした方が効果が上がります。

 

なぜなら、塩の粒で歯茎をマッサージすることにより、

血液の流れが良くなるからです。

 

また、塩には唾液の分泌を促進させる働きがありますが、塩歯磨きで磨くことで、

唾液の分泌量が増えるほど、口の中の洗浄作用や抗菌作用や保護作用や消化促進作用などの

様々な高い効果が期待出来ます。

 

しかし、あまりの高い効果を期待するあまり大量の塩を歯ブラシに付けて

磨く方がおられますが、浸透圧の作用で頬の粘膜を痛めてしまう事にも

なりかねませんので、塩は少量で磨くことをおすすめします。

 

塩歯磨き 歯周病

 

塩歯磨きで効果的なブラッシングをするコツとは?

 

実際に、塩歯磨きは、歯周病予防にはなるのですが、歯肉炎や歯周炎などで

歯茎の炎症が酷い時は、炎症や腫れを助長してしまうので注意する必要があります。

 

一方で、塩歯磨きをする際に強く磨きすぎると、歯の結晶が歯の表面や歯茎を

傷つけてしまうので、デリケートな力加減が必要です。

 

また、粗塩で磨くのも歯の表面や歯茎をも傷つけてしまい、

塩の種類によっては出血する事もあるので注意する必要があります。

 

塩歯磨きで様々な効果が得られる反面、注意しないで磨いてしまうと、

歯の表面や歯茎を傷つけてしまうことがあります。

 

詳しくはコチラでも書いてます。

↓ ↓ ↓

歯磨き粉の成分の塩化ナトリウムは歯を白くする効果はあるのか?

 

なので、心配だという方は、ネットなどで販売されている

塩入りの歯磨き粉などを使用してみるのもいいでしょう。

 

ですが、塩歯磨き粉には、塩が含まれている事から高血圧の症状を引き起こす

可能性があるため、高血圧を患っている場合には使用を控える必要があります。

 

塩歯磨き 効果

 

それに少しでも当てはまる人は、早めになたまめと柿渋を配合した

自然派原料の薬用歯磨き粉を、手に入れておいた方が良いでしょう。

 

例えば、この薬用なたまめ柿渋歯磨きは、薬用歯磨きにはよく使われている

有効成分であるグリチルリチン酸ジカリウムの他にサポート成分として、

なた豆、柿渋、サンゴや貝殻などが使われており歯周病を予防します。

薬用なたまめ柿渋歯磨きのレビュー

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ