腰痛はマッサージや鍼灸では治らない理由とは?

私の父は腰痛持ちなのでマッサージ店に時々行ってマッサージを

してもらって帰ってくると、その時は「腰が楽になった」

言っていますが、次の日になると再び腰痛が戻っているみたいです。

 

なぜ、このような事になるのでしょうか。

 

今回は、腰痛はなぜマッサージや鍼灸では治らないのかについて

調べてみたので、解説していきます。
 
 

腰痛はマッサージや鍼灸では治らない

 

腰痛 マッサージ 鍼灸 治らない

 

腰痛はなぜマッサージや鍼灸では治らないのか?

 

腰痛を少しでも緩和させたいので、マッサージ店に行って

マッサージをしたとしましょう。

 

運良く腕の良い施術者に出逢えたケースは、幾らかは柔らかくなるので、

緊張状態が少し解れます。

 

なので、その時には腰痛は消えているのです。

 

ですが、痛みは消えていたとしても少し緊張状態が解れただけなので、

治癒したわけではなく、一時的に、痛みを感じていないだけなのです。

 

また、マッサージや鍼灸などを行なった後に腰痛がなくなっていると、その時点では

「腰痛が治癒した」と思う傾向がありますが、とどのつまり今説明したような

メカニズムなので、根本的には治癒していないので、当然再発します。

 

なぜなら、「痛みが消えた」=「治癒した」のではない、

という事を分かっていなければ、どこまでも腰痛を治癒さす事は出来ないからです。

 

なので、筋肉から乳酸を排除し、筋肉を完璧に軟らかくした時こそ、治癒したといえるのです。

 

腰痛 マッサージ 治らない
 
 

ストレスやタバコや加齢が腰痛の原因となるのか?

 

現代は情報化社会なので、インターネットで腰痛の原因と検索すると、ありとあらゆる

意見や説明が掲載されていて、中には「そんな馬鹿な事はないだろう」

と思わず突っ込みたくなるものも少なくありません。

 

例えば、ストレス、冷え、たばこ、内臓疾患の関連痛、歯並びの悪さ、加齢など、

腰痛になる原因は様々考えられると言われています。

 

また、これらの事も全く関係がないとは言えませんが、本質的な原因であるとは言えません。

 

それでは、これらの事のそれぞれ、筋肉の緊張との関係について解説していきます。

 

ストレス、冷え、たばこなどで筋肉が緊張する場合

 

まず、ストレス、冷え、たばこが原因で筋肉が緊張するケースでは、

筋肉の緊張の度合いは僅かです。

 

ですが、現在の筋肉の緊張状態がそれまでにそこそこあるケースでは、

腰痛が発症する可能性は高いです。

 

そして、ストレス、冷え、たばこなどの影響がなくなり、緊張状態が

少し和らげば、腰痛の発症が抑えられます。

 

なので、ストレス、冷え、たばこも痛みの原因である事に違いがないのですが、

本質的な腰痛の原因とはいえないのです。

 

腰痛 鍼灸 治らない

 

内臓疾患の関連痛として腰痛が起こるという説

 

これについては、「取りあえず考える必要はない」

と医学研究において報告されています。

 

逆に、腰の筋肉の緊張状態から、内臓疾患が発症する事の方が圧倒的に多いのです。

 

腰痛 マッサージ 治らない a

 

歯並びの悪さで腰痛が起こるという説

 

歯並びの治療を開始し、3年経って腰痛が消えたという方がいる事も事実ですが、

現時点では、その関連性は科学的にも明確化されていません。

 

腰痛 鍼灸 治らない a

 

加齢のせいで腰痛が起こるという説

 

年齢を重ねる事で、筋肉を動かさなくなるために起こる緊張状態が

多くなってきたのなら、それに伴って、もちろん、痛みも増えてきます。

 

また、年齢を重ねると共に血液の粘り気が増加し、血液の流れが滞る事も考えられます。

 

腰痛 マッサージ 治らない b

 

簡単に言うなら、次のような公式が成り立ちます。

 

筋肉の緊張+血液の粘り気=痛み(乳酸の停滞)

 

ですが、どちらにしても、元からの筋肉が軟らかい状態で、血管を圧迫するような

状態でない限り、腰痛が発症する事はありません。

 

ちなみに、腰痛でお困りの方は、実際に私がネットで購入して、

肩こり解消のツボと腰痛に効くツボに貼って効果があった

ささない鍼「Acu Life(アキュライフ)」をお勧めいたします。

 

また、このアキュライフは、肩こりや腰痛、関節痛などの身体の不調を和らげる以外に、

疲労回復、ストレス解消、ホルモンの均衡を整えるなどのヘルスケアや、今評判の

「美容鍼」と同じで、目尻のシワやたるみ、ほうれい線の措置にも使用できます。

 

そう考えると慢性の腰痛で悩んでいる方は、早めに自宅で手軽にセルフケアが

出来るよう開発されたアキュライフを、手に入れておいた方が良いでしょう。

ささない鍼「Acu Life(アキュライフ)」のレビュー

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ