腰痛は腰回りの筋肉の緊張が原因で発症するのか?

私の父は、腰・でん部・足の痛みで立って歩く事は出来ても、

仕事で商品を持つ事もままならない状態の時がありました。

 

それで、様々な書籍を図書館から借りてきて試してもらい、

何とか仕事ぐらいは出来るようになりました。

 

そんな事もあり今回は、腰痛が腰回りの筋肉の緊張が原因で

発症する事について調べてみたので、解説していきます。
 
 

腰痛は腰回りの筋肉の緊張

 

腰痛 腰回りの筋肉

 

腰回りの筋肉の緊張が原因で腰・臀部・足の痛みは発症する

 

腰・でん部・足の痛みは、腰回りの筋肉の緊張が原因で発症します。

 

なぜなら、腰回りの筋肉が緊張すると、腰から足先までの筋肉まで、

緊張してしまうからです。

 

それでは、臀部、太ももの外側・後ろ側、膝、ふくらはぎが痛いケースは、

腰のどの部分が緊張しているかを紹介します。

 

① 臀部が痛いケース

中心から7cm外、背中側から6cm中の筋肉の緊張が原因

 

② 太ももの外側・後ろ側が痛いケース(坐骨神経痛の原因になる)

中心から11cm外、背中側から9cm中の筋肉の緊張が原因

 

③ 膝が痛いケース

中心から10cm外、背中側から4cm中の筋肉の緊張が原因

 

④ ふくらはぎが痛いケース

中心から5cm外、背中側から5cm中の筋肉の緊張が原因

 

腰痛 腰回りの筋肉 e腰痛 腰回りの筋肉 g

 

腰痛 腰回りの筋肉 f

 

どちらにしても、痛みを発症している腰の筋肉が軟らかくなれば、

腰、臀部、足の痛みやしびれは解消します。
 
 

腰回りの筋肉が軟らかいと、10cm程度も押し込む事が出来るって本当?

 

腰回りの筋肉を軟らかくする事が出来れば、筋肉を全く緊張がなくなった状態に出来るので、

指で腰を押すと、軽い力でも10cmぐらいも押し込む事が出来ます。

 

また、筋肉が軟らかくなる事は、老若男女を問わず、ずっと以前に実証済みです。

 

一方で、腰・臀部・足の痛みやしびれは、腰回りの筋肉の緊張が原因で発症します。

 

なので、腰回りの筋肉を軟らかく出来れば、誰でも痛みが解消するのです。

 

例を挙げて説明したいと思います。

 

臀部の中心部に痛みがあるとします。

 

臀部の中心部が痛みがあると、仙腸関節炎と診断される可能性があります。

 

また、中心から7cm外、背中側から6cm中、腰椎4番の位置の筋肉の緊張が原因で、

臀部の中心部に痛みが発症しているので、緊張している筋肉を軟らかくすれば良いのです。

 

腰のとても奥深い位置です。

 

このようにして、痛みが発症している場所を的確に軟らかくする事が出来れば、

絶対に痛みを解消する事が出来ます。

 

腰痛 腰回りの筋肉 h

 

ちなみに、慢性の腰痛で悩んでいる方は、なかなか無料の情報だけでは

治す事は難しいかと思います。

 

例えば、このDVDなどは4枚セットになっていて

非常に濃い内容になっています。

 

効果保証などもついているので試してみて損はないでしょう。

 

そう考えると早めに自分で腰痛を短期間に改善する方法を、

手に入れておいた方がいいでしょう。

腰痛改善・解消ストレッチ「福辻式」DVDのレビュー

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ