腰痛は安易な考え方では悪化させる理由とは?

私の父が腰痛持ちのこともあり、腰痛に関する書籍を、図書館に

行って借りてきて調べてみたら様々な事が分かりました。

 

今まで腰痛に良いと思って父が試していた事が、

実はNGだったという事が分かったのです。

 

なので、今回はなぜ腰痛は安易な考え方では悪化させるのかについて

調べてみたので、解説していきます。
 
 

腰痛は安易な考え方では悪化

 

腰痛 考え方

 

なぜ腰痛は安易な考え方では悪化させるのか?

 

正しい知識もなく、うかつに自分で腰痛を治そうとすると、

反って悪化してしまう危険性をはらんでいます。

 

これから紹介する事は全て駄目なので、気をつける必要があります。

 

× 揉む  

普通、マッサージとは筋肉を揉む事をいいますが、緊張した筋肉を揉むと、炎症が起こります。

この状態を「もみ返し」といい、もみ返しが起こった場合、下手をすると、

三日間ぐらい立てなくなります。

 

腰痛 考え方 d

 

× 叩く

筋肉を10回以上連続して叩くと、緊張した筋肉は反発し、一層硬くなります。

肩たたきを長くすると痛みが増加するのも、筋肉の反発から筋肉が一層緊張するからです。

 

× 強く押す

筋肉が緊張して、腰痛がある場所を強く押した場合、物凄く反発し、一層緊張します。

緊張している筋肉に対して、決して行なってはいけない最も危険な行為です。

 

× 伸ばす

使って緊張した状態の筋肉に限り、伸ばして軟らかくなります。

なので、運動後の「筋肉痛の状態」なので、毎日痛みを発症させる

筋肉を伸ばすと、一層悪化するのです。

下手をすると、筋肉が切れるので、決して行なってはいけません。

 

腰痛 考え方 e

 

△ 温める(温熱療法・温泉)

温めても、表面の1cmぐらいの筋肉しか軟らかくなりません。

なぜなら、下半身の痛みの原因の大半が、腰の奥深い筋肉が原因で発症するので、

筋肉の仕組み上、奥深くまで熱が伝わらないので、気休めぐらいにしかなりません。

 

腰痛 考え方 b
 
 

△ 鍼・灸

鍼やお灸では、施術をした時には気休めで若干痛みが和らぎますが、

本質的には筋肉は軟らかくならないので、悪化はしませんが、改善もしません。

 

腰痛 考え方 c

 

× 注射(・トリガーポイント注射・局部麻酔)

腰痛が発症した時に病院で使用する注射の成分には、副作用に

「筋肉が硬くなる」「腰痛」「発熱」があります。

なので、麻酔で一時的に痛みが和らいだ場合、「治癒したと錯覚」

しがちですが、最終的には、一層筋肉が硬くなり、痛みが増加していくのです。

 

腰痛 考え方 f

 

× 湿布・痛み止め 

湿布や痛み止めも、副作用に「筋肉が硬くなる」「腰痛」「発熱」があります。

なので、湿布・痛み止め も痛みが和らぐのはその場しのぎで、一層筋肉が硬くなり、

痛みが増加します。

 

腰痛 考え方 g

 

△ 血液の流れを促す

筋肉が緊張している時は、筋肉の中の血管が圧迫されており、そのために、

血管が細くなっていて、血行促進剤などを飲んでも効果は期待できません。

なぜなら、血管が圧迫されている状態で、血液の流れを良くするために

無理に圧力を上げると、下手をすると、血管が破裂してしまうからです。

 

この通り、腰痛の治療には様々な方法がありますが、その効果は良くても筋肉の表面を

1cmぐらい柔らかくするだけで、腰の奥深い筋肉まで軟らかくする事は出来ません。

また、一時的な効果であっても得られればまだ良い方で、最悪の場合、

悪化してしまう可能性もあるので、注意が必要です。

 

ちなみに、慢性の腰痛で悩んでいる方は、なかなか無料の情報だけでは

治す事は難しいかと思います。

 

例えば、このDVDなどは4枚セットになっていて

非常に濃い内容になっています。

 

効果保証などもついているので試してみて損はないでしょう。

 

そう考えると早めに自分で腰痛を短期間に改善する方法を、

手に入れておいた方がいいでしょう。

腰痛改善・解消ストレッチ「福辻式」DVDのレビュー

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ