腰痛にならない正しい姿勢とは腰に負担のかからない姿勢

私も腰痛を予防するために、普段から正しい姿勢を

意識してやっています。

 

ですが、腰痛についてもっと知りたいと思い図書館に行って

書籍を借りてきて調べてみたら意外な事がが分かりました。

 

なので、今回は、腰に負担のかからない姿勢とは、

どのような姿勢なのかについて、解説していきます。
 
 

腰に負担のかからない姿勢

 

腰に負担のかからない姿勢

 

腰に負担のかからない姿勢とは、どのような姿勢なのか?

 

間違った姿勢でいると、腰の筋肉に耐える力が働くので、腰痛を

発症させないためには、可能な限り正しい姿勢でいる事が大切です。

 

ですが、正しい姿勢というと大抵の人は「胸を張って、背筋を伸ばした姿勢」

だと思っているのではないでしょうか。

 

また、姿勢をきれいに見せようとする時、大抵の人は胸を張ります。

 

ですが、胸を張ると腰の筋肉に耐える力が働いて、腰の筋肉は一層緊張して、

これを長時間継続すると、腰痛が発症します。

 

なので、「正しい姿勢」=「きれいな姿勢」だとは一概にはいえないのです。

 

また、正しい姿勢を「腰に負担のかからない、痛みの出ない姿勢」

定義すると、頭のつむじに糸をつけ、真上から引っ張られているように立った姿勢です。

 

なぜなら、体の均衡が取れ、最も、腰周りに負担がかからない姿勢だからです。

 

腰に負担のかからない姿勢 a
 
 

「正しい姿勢」=「きれいな姿勢」ではない理由とは?

 

モデルや客室乗務員、接待業に携わっている人などは、

職業柄、胸を張って仕事をしている事が多いと思います。

 

腰に負担のかからない姿勢 b

 

女性の場合は、ハイヒールを履いている事も多いのです。

 

また、ハイヒールを履くと、いずれにしてもつま先に体重がかかるので、

腰はより一層前彎し、腰の筋肉に余分に耐える力が働きます。

 

これでは、そのうちに腰痛が慢性化する可能性があります。

 

また、女性の場合は、職業上、ハイヒールを履かなければいけない事もあると思いますが、

履かなくて済む場合は、可能な限り、控えた方が、腰のためになります。

 

なので、最近では仕事場でも履けるデザインで、多くのローヒールの靴も販売されているので、

腰痛を予防する事を考慮すれば、そちらを履く事が良いのです。

 

腰に負担のかからない姿勢 c

 

また、日常生活でも胸を張って腰を反るのではなく、腰にとって

「正しい姿勢」を心掛ける事が大切です。

 

ちなみに、慢性の腰痛で悩んでいる方は、なかなか無料の情報だけでは

治す事は難しいかと思います。

 

例えば、このDVDなどは4枚セットになっていて

非常に濃い内容になっています。

 

効果保証などもついているので試してみて損はないでしょう。

 

そう考えると早めに自分で腰痛を短期間に改善する方法を、

手に入れておいた方がいいでしょう。

腰痛改善・解消ストレッチ「福辻式」DVDのレビュー

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ