寝具の選び方や寝るときの姿勢が腰痛を予防するって本当?

寝具の選び方や寝るときの姿勢が腰痛予防につながる事を

知っている人は多いと思いますが、実際にどのような寝具を選び

どのような姿勢で寝たら良いのかを答える事の出来る人は少ないと思います。

 

なので、今回はこれらの事について調べてみたので、解説していきます。
 
 

寝具の選び方や寝るときの姿勢が腰痛を予防

 

寝具の選び方 寝るときの姿勢 腰痛

 

寝具の選び方や寝るときの姿勢が腰痛予防につながる

 

毎日六時間以上の睡眠をとっている人は少なくはないと思います。

 

また、六時間も寝たままで体を動かさないでいると、筋肉は緊張してしまいます。

 

ですが、睡眠中も筋肉からは老廃物が排除されているので、

筋肉を緊張させないでおく事が不可欠です。

 

なので、人は寝返りを打つように出来ているのです。

 

腰痛 寝るときの体勢

 

また、子供は大人よりも、しょっちゅう寝返りを打ちます。

 

なぜなら、成長過程にあるので筋肉の細胞の代謝が大人よりも早いため、

しょっちゅう寝返りを打って、筋肉から老廃物を排除させる事が必須だからです。

 

腰痛にならないための寝具の選び方とは?

 

「腰が痛くて朝起きるのが辛い」と訴える人も少なくありません。

 

こういう人のケースは、寝具を検討し直す必要があります。

 

長時間硬すぎる寝具で寝ていると、体重で筋肉が圧迫されて、

血液の流れが滞る可能性があります。

 

また、お酒を飲み過ぎたりして、つい床で寝てしまい、床と接触していた箇所が

痛み出すのも、これと同様の理屈です。

 

寝るときの姿勢 腰痛

 

なので、硬すぎる寝具はあまり良くないのです。

 

逆に、柔らかすぎる寝具で寝ると、寝具に体が埋もれてしまい、

寝返りが打てなくなります。

 

寝具の選び方 腰痛

 

また、最近では低反発のマットレスがたくさん出回っていますが、体が寝具に

沈んでしまい寝返りが打ちにくいので、それ程勧める事は出来ません。

 

私が勧めるとすれば、10cmぐらいのマットレスなどの上に布団を敷く事です。

 

腰痛 寝るときの体勢 a

 

なぜなら、これだと硬すぎず、柔らかすぎないので、これだと十分、寝返りが打てるからです。
 
 

腰痛にならないための寝る時の体勢とは?

 

腰痛にならないための寝るときの体勢は、楽に寝ることが出来れば、

それが最も良い体勢です。

 

なぜなら、本質的には仰向けの姿勢が、腰の筋肉に最も負担になりませんが、腰痛が

少しでもあると、仰向けの姿勢が反って腰痛を悪化させてしまう事もあるからです。

 

なので、人間の体は睡眠中に無意識のうちに寝返りを打ち、最も良い状態になるように

出来ているので、無理に仰向けに寝る事はないのです。

 

それだけに、その事でストレスを感じたり、寝つけなくなったり、血液の流れが

悪くなったりすると、腰に悪い影響を与えます。

 

なので、寝る時には、自分が最も楽な姿勢で寝る事が大切なのです。

 

寝るときの姿勢 腰痛 a

 

ちなみに、慢性の腰痛で悩んでいる方は、なかなか無料の情報だけでは

治す事は難しいかと思います。

 

例えば、このDVDなどは4枚セットになっていて

非常に濃い内容になっています。

 

効果保証などもついているので試してみて損はないでしょう。

 

そう考えると早めに自分で腰痛を短期間に改善する方法を、

手に入れておいた方がいいでしょう。

腰痛改善・解消ストレッチ「福辻式」DVDのレビュー

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ